飲食店の経営を開始したいのであれば発生する費用を把握しよう

幸せの約束

青いドレスの女性

婚約指輪は、幸せな約束を結ぶために、男性から女性に送られるものです。 たくさんの人が当たり前に行うこの素敵な風習の歴史について紹介したいと思います。 世界では15世紀にハプスブルグ家の王子であったマクシミリアン大公からブルゴーニュ公シャルルの娘のマリアに贈られたのがはじめての婚約指輪であったといわれています。 一方、日本では、1960年頃に結納品に添える形で普及されはじめます。 10年後の1970年頃には普及率が67パーセントになります。 当時の主流は、真珠と誕生石で、ダイヤモンドを贈る人は全体の16パーセントと少なかったそうです。 テレビCMの影響により、1982年には普及率が79パーセントになります。 この頃にお給料の3ヶ月分などと言われるようになり、現在のようにダイヤモンドを贈るようになりました。

現在の婚約指輪は形やデザインもさまざまあります。 現在多く発売されている5種類のデザインの指輪を紹介します。 一つ目は、ソリティアと呼ばれるものです。 真ん中に一つだけダイヤモンドをあしらった定番のデザインです。 シンプルで飽きがこないと人気です。 二つ目は、メレと呼ばれるものです。 大きなメインの石の脇に小さな石が散りばめられたデザインです。 三つ目は、パヴェと呼ばれるものです。 大きなメインの石の他にアームに小さなダイヤモンドを敷き詰めたデザインです。 四つ目はエタニティと呼ばれるものです。 アームに同じ大きさの石を敷き詰めたデザインです。 五つ目は色石リングです。カラーダイヤを使った美しいデザインです。 婚約指輪にもその時代の流行があります。 それぞれのデザインの特徴を把握することによって、自分に似合うものが探しやすくなると思います。